旧金融監督庁を

日本橋に本部を置く日本証券業協会ってどんなところ?⇒協会員である国内にあるすべての証券会社および登録金融機関の行う株券などの有価証券に関する取引等を厳正、そして円滑にし、金融商品取引業界全体の堅調なさらなる発展を図り、投資者を保護することを協会の目的としている。
Y2Kともいわれた西暦2000年7月、旧大蔵省から金融制度の企画立案の事務を移管させて金融監督庁というまだ歴史の浅い組織を新組織、金融庁に改組した。翌年の2001年1月、管理していた金融再生委員会が廃止され、現在の姿である内閣府直属の外局としてスタートした。
英語のバンクはもともとイタリア語のbanco(机、ベンチ)という単語に由来するもので、ヨーロッパでもっとも長い歴史を持つ銀行⇒15世紀の初め(日本は室町時代)に当時のヨーロッパで台頭していたジェノヴァで設立、コンスルたちに管理されたサン・ジョルジョ銀行というのが定説。
知ってい置きたい言葉「銀行の運営というものはその銀行に信頼があって順調に進む、もしくはそこに融資する価値がないものだと見込まれたことで発展しなくなるかだ」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン)
よく聞くコトバ、外貨預金とは何か?銀行で扱うことができる外貨建ての商品の一つのこと。米ドルなど外国通貨で預金をする商品。為替レートの変動で利益を得ることがある反面、同時に損をするリスクもある(為替リスク)。
保険とは、予測不可能な事故によって生じた主に金銭的な損失を最小限にするために、同じような多数の者がわずかずつ保険料を出し合い、準備した資金によって突如発生する事故が発生した際に保険料に応じた保険金を給付する制度です。
紹介しよう「銀行の運営というものは信頼によって繁盛するか、そうでなければ融資するほど価値がない銀行だと理解されて繁栄できなくなるか、どちらかだ」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)
認可法人預金保険機構が支払う預金保護のための保険金の補償最高額は"預金者1人当たり1000万円(決済用預金は全額)"なのです。預金保険機構は政府、民間金融機関全体がほぼ同じくらいの割合で出資しています。
【解説】外貨MMFというのは日本国内でも売買が許可されている外貨建て商品の名称である。外貨預金の内容と比較して利回りがずいぶんよく、為替変動による利益も非課税であるというメリットがある。証券会社で誰でも購入可能。
保険制度とは、突如発生する事故による財産上の損失を最小限にするために、よく似た状態の多数の者がそれぞれの保険料を掛け金として納め、準備した資金によって想定外に発生する事故が発生した者に保険金を給する制度ということ。
つまりロイズって何のこと?ロンドン中心部のシティ(金融街)の世界有数の保険市場を指す。制定法で法人と定義された、ブローカー(保険契約仲介業者)およびシンジケート(団体や組合)が会員である保険組合そのものを指す場合もある。
知っておきたい用語であるFXは、簡単に言えば外国の通貨をインターネットなどを利用して売買して利益を出す比較的はじめやすい取引である。外貨を扱う外貨預金や外貨MMFよりずいぶんと利回りが良いことに加え、手数料等も安いというのがポイントである。はじめたい人は証券会社やFX会社からスタート。
中国で四川大地震が発生した平成20年9月、米国の老舗投資銀行であるリーマン・ブラザーズが破綻(倒産)したのです。この事件が全世界を巻き込んだ金融危機の原因になったため「リーマン・ショック」と名づけられたのが由来。

結局、第二種金融商品取引業者(一種業者とは取り扱い内容が異なる)が投資信託などファンドを開発し、適正に運営するためには、考えられないほど本当に大量の、業者が「やるべきこと」、そして「やってはいけないこと」が事細かに規定されています。

noUV

広告を非表示にする